空色なキモチ

□ VOICE □

VOICE 199 (終)

第199話 VOICE






「お兄ちゃん」

「ん?」

「わたしさ、高崎さんみたいな看護師さんになりたいな」

「へぇ、そうなんだ」

「うん、なんかね急にそう思ったの。お兄ちゃんが手術した翌日、高崎さんが会わせてくれたでしょ? すごくキラキラ輝いて見えたんだ。お仕事に誇りを持ってる感じで」

「そっか。いいんじゃないか? そうだ、亜矢からメールがあった。今度またみんなでご飯食べましょって。いろいろ聞いてみたら? 仕事のこと」

「え? まだメールしあってるの? お兄ちゃんと高崎さん。悠聖くんもアドレス知ってるし」

「妬いてるの? かわいい」

「ち! 違うもん!」

「言っておくけど、亜矢はオトコいるらしいよ。最近知ったけど、同僚の医師らしい」

「嘘っ? (もしかして岸谷先生?)それなのにお兄ちゃんの恋人役とかやってくれてたんだ。まぁキレイだしね」

「だから妬かないの、わかった」

「妬いてないったら! お兄ちゃんのバカ!」





「なに? ふくれちゃったの? 未来ちゃん?」

「バカにして……」

「真っ暗で顔が見えないからわかんないんだよ。怒ってるの?」

「違うよ、お兄ちゃんの声聴いてたんだよ」

「声?」

「お兄ちゃんの声、すごく好き」

「俺も未来の声、すごく好きだよ」

「その声、ほしいな」

「ん? じゃ交換する?」

「あはは……できるの?」

「できない」

「……だよね」

「でも、この声は一生未来だけのものだよ」

「ほんと?」

「もちろん。もう未来に嘘なんかつかない」

「じゃ、土手にいつ星を見に行くの? 約束果たしてくれてないよ?」

「あ、そっか。今から行く?」

「うーん……いいや」

「なんだ、行きたがっている割にそれか」

「約束はあったほうがいい。なくなったらそれで終わりな気がするから」

「……未来、一番大事な約束忘れてない?」

「え?」

「やっぱり忘れてる。まだ返事してないからってそれはないんじゃない?」

「えっ? えっ?」

「まぁ、気長に待つけどさ」

「気長にって……どのくらい?」

「死ぬ間際まで?」

「気長すぎ!」

「そう思うなら少しだけ早めに返事ほしいなぁ」

「ん、でもさ、お兄ちゃんのご家族にもちゃんと、ね」

「わかってる。もし、母さんが許してくれる日が来たら」

「……うん。わかった」

「へ?」

「その時は、結婚する」

「マジかぁ!?」




「お兄ちゃんの声が一生未来のものであるように、未来の声も一生お兄ちゃんのものだよ」

「ほんとうに?」

「もちろん。声を取り戻させてくれてありがとう。誰よりも深く、愛してる」




(了)



→ BACK
    web拍手 by FC2
*    *    *

Information

Date:2013/11/29
Trackback:0
Comment:2
Thema:オリジナル小説
Janre:小説・文学

Comment

*

完結おめでとうございます!
未来可愛過ぎだよ!本当にお兄ちゃん未来を幸せにしてやってね~~~!・゚・(つД`)・゚・
2013/11/30 【仙堂莉映】 URL #- 

* 仙堂莉映さま。



 いつもありがとうございます!

 ようやく、ようやく終わりました。
 なんだか今回書き直ししてみて、ようやくふたりを幸せにしてあげられたような満足感が…。

 未来可愛いですか(*´∇`*) ありがとうございます♪
 お兄ちゃんはきっと幸せにしてくれることでしょう!
 いつも応援してくださってありがとうございました。(改まって書くとムズムズ)

 これからもよろしくお願いしますね\(゚∀゚)/


 こなつ。
2013/11/30 【こなつ】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://ageha572.blog.fc2.com/tb.php/321-ddee530f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)