空色なキモチ

□ 満月の夜に見る夢は □

満月の夜に見る夢は 第20夜 閑話

 
 身体が痛い……腰と、足の間。

 ジンジンするような熱いような痛みがするの。
 そしてなんだか息苦しいような……。


「――――え?」


 ぼんやりした瞼を開くと、目の前に硬い男の人の胸。
 雨宮翔吾がわたしの身体をしっかり抱きしめて眠っていた。

 
 そっか……わたし、この人と……。


 結局流されるように寝てしまった。
 初めてだったのに……でも、不思議と後悔はしていなかった。

 雨宮翔吾は優しかった。
 最初は痛くてすごく怖くてパニックを起こしちゃったけど、この人が優しく声をかけてくれてキスしてくれたから。


 涙が溢れてきた。
 なんでだろう。悲しくなんかないのに。目に白い膜が張ってよく見えない。
 それが光ってこの人の顔がよく見えなくなってゆく……。


「……ゆき……の?」


 この人の声がわたしの名前を呼ぶ。
 少し上ずったような心配そうな声と、目を細めてわたしを見つめるその表情……涙でゆらゆらしている。

 頬をそっと撫でられているのがわかるけど、瞼を閉じると横向きだった身体がそっと仰向けにされた。
 わたしの身体にこの人の身体が圧し掛かってくる。


「震えてる。怖かった?」


 何度も頬を撫でられて首を横に振ると、くすっという笑い声がした。
 柔らかい唇がふにっとわたしの唇に触れる。

 胸がキュンとなる。ドキドキが加速していく。
 こんな気持ち、何年ぶりだろう。

 わたし……この人に、恋してるんだ。

 
 また恋をする日が来るなんて思わなかった。
 そしてこんなにも求められる日が来るなんて……未だに信じられない。 

 だけどもし夢なら、醒めないでほしい……そう願ってしまっていた。


 髪を優しく撫でられ、その手がわたしの頬を覆って涙をそっと拭う。
 その温みにまた胸の奥が疼くような感覚。心拍が聞こえてしまいそうだ。

 こんなに心地のいい手は初めて……それに今は溺れていたい、わたしだけのものって信じていたい。


「あめみ……」

「翔吾」

「翔吾さん……」


 翔吾さんの首元に腕をまわして抱きつくと、背中をぎゅっと抱き寄せられた。
 全身に翔吾さんの温もりを感じる。


「雪乃。ずっと俺の傍に、いて」

「――――うん」

「雪乃は煽るのがうまいな……もう一度抱きたくなっちゃうよ?」


 まだ怖い、でも……翔吾さんならいい。
 そんなふうに思える日が来るなんて思ってもみなかった。


 そしてこのしあわせがずっと続くと思っていた。
 


 そう、信じていたんだ。



→ NEXT
→ BACK
    web拍手 by FC2
*    *    *

Information

Date:2013/02/08
Trackback:0
Comment:0
Thema:オリジナル小説
Janre:小説・文学

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://ageha572.blog.fc2.com/tb.php/24-7233e4d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)