空色なキモチ

□ VOICE □

VOICE 106

第106話 天真爛漫な偽彼女

柊視点




 翌日病院に行ったら『抜鉤』と言って傷を止めてあったホチキスの針みたいのを抜かれた。
 今は傷を縫うんじゃなくて止めるんだと知る。抜く時少しチクチクしたが、すぐ無事に終わった。


 会計待ちをしていたら携帯電話が震え、確認すると高崎さんからのメールだった。


  『抜鉤しましたか? イイコト考えたんですが快気祝いしましょ。
   未来さんと彼氏と四人でどうですか? 快気じゃおかしかったら抜鉤祝い(笑)
   場所は佐藤さんの家。私、今日から二日連続日勤だから今日か明日だと助かります。

   佐藤さんって呼び方も恋人にしたらよそよそしいから今日から柊さんって呼びますネ』


 はぁ、と心の中でため息をつく。
 この人かなりの行動派? 即、高崎さんに返信を打った。


  『快気というか抜鉤祝いというか。それしてどうするの?
   しかも今日か明日って突然すぎだし今日は大事な用がある。

   とにかく何もかも突然すぎると思うけど?』


 今日日勤って言ってるんだから今この上の病棟で仕事中だろう。よくメールを打ったりできるな。
 俺は病院の天井を仰いでそんなことを考えていた。

 ……っと! また携帯が震えた。高崎さんだ。


  『作戦通りに話をすすめているだけですヨ。話は早い。明日で決定です。
   弟さんと未来ちゃんに伝えておいてくださいネ。私、料理超得意なんで任せておいて!』


 ……絶句。
 作戦通り、か。

 元々は高崎さんの言う『作戦』のためにこの話を持ちかけられたんだ。




 外来診察のあと、高崎さんとファミレスに行ったあの時――


『私が彼女になって、未来ちゃんの気持ちを探ってみよう』


 それが高崎さんの考えた作戦だった。
 もちろん俺は即断った。だけど『やるだけやってみよう』と彼女の押しは強い。引く気配もない。
 俺に彼女ができれば未来は絶対心穏やかじゃないはずだし、それに加えて未来の本当の気持ちがわかると。

 そんなことをしたくないし、する必要もないとファミレスでは断った。けど『もう一度よく考えて前向き』にとさらに押された。

 そんな時、悠聖に未来の件で詰め寄られた。
 その後一も二もなく、俺は高崎さんの『作戦』に乗ることを決意した。

 ただし、高崎さんの狙いとは違う意味で、だ。
 未来の気持ちを知る必要はない。だから作戦をすすめる必要もない。

 もう一度、高崎さんにメールを送った。


  『頼んでおいて悪いけど、もう作戦を実行する必要はなくなったんだ。
   未来の気持ちを知る必要はない。そのために君につき合ってもらったわけじゃない。
   弟が俺の気持ちが未来に向いていると思い込んでいる。
   だからつい、つき合っている人がいると言ってしまったんだ。

   つまり、俺は君の善意の提案を利用しただけだ。申し訳ないと思っている』


 なんで俺はメールでこんな長々弁解しているんだ。
 直接会って話せばいいことなのに。高崎さんが協力してくれることをいいことに利用した俺は最低だよ。
 
 大きいため息をついて伸びをしたら携帯が震えた。


  『柊さん、もっと楽に生きたらいいのに。
   利用するならすればいいと思うし私は気にしてないです。
   弟さんに本当の気持ちを知られたくないなら協力しますヨ。
   快気祝いは私がしたいだけかも? とにかく明日やりましょ。
   十七時に仕事が終わります。迎えと買い物つき合ってくれるとありがたいです』


 高崎さんって、どういう人なんだろうか。
 利用されてもいいし協力もするって。よくわからない人だけどあっけらかんとして天真爛漫っていうのだろうか。


 巻き込んで悪いと思っているのにこっちの申し訳ない気持ちなんてどうでもいいんだな。
 俺はありがたいけど、罪悪感は募るばかりだった。



→ NEXT
→ BACK
    web拍手 by FC2
*    *    *

Information

Date:2013/09/14
Trackback:0
Comment:2
Thema:オリジナル小説
Janre:小説・文学

Comment

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/09/14 【】  # 

* 鍵コメの○○○○さま(伏字にしてあります)


はじめまして。こんばんは。
この度はお立ち寄りいただきコメントをありがとうございます。
どうお礼をしたらいいか迷いましたが、ここに書かせていただきました。
(いきなり直接では申し訳ない気がしてしまいまして、すみません)

VOICEを読んでいただけて本当にありがとうございます!
これからも事件が起きます。そして最後に未来が誰の手を取るのかも含めて、今後ともおつき合いいただけるとうれしいです。
楽しみにしていただき本当にうれしくて…感謝の気持ちでいっぱいでございます。

もし、この手段じゃない方がよろしかったらまたご一報くださいませ。
その時は直接お礼させていただきます(二度手間になってしまってすみません)

本当にありがとうございました!さらにやる気がわいて来ました。

こなつ。
2013/09/15 【こなつ】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://ageha572.blog.fc2.com/tb.php/227-1d4dc69f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)