空色なキモチ

□ VOICE □

VOICE 102

第102話 もう離さない

未来視点




 十九時に悠聖くんが図書館の前で待っていてくれた。


「お疲れ様」


 悠聖くんの左手がわたしのほうにすっと差し伸べられた。
 わたしは彼を見上げて、躊躇しながらその手に自分の右手を乗せる。すぐにぎゅっと強く繋がれた。


「仲いいねっ」


 わたし達の後ろに瑞穂さんがニコニコして立っていた。
 それに全然気づかなくて、慌てて悠聖くんの手を思いきり振りほどいてしまった。


「あら、離さなくていいのに。待っててくれるなんて未来ちゃん愛されちゃってるね。悠聖くん、柊によろしくね」


 瑞穂さんが手を振って足早に去っていった。
 言いたいことだけ言って、まるで嵐のような人だ。

 悠聖くんを見ると、少し冷ややかな目でわたしを見ていた。


「なんで手を離すの? 見られたくないの?」


 悠聖くんの左手がわたしの右手をとって、再び強く握った。
 指同士を絡めるような繋ぎ方に変化すると、そこから伝わる温もりに胸がちくりと痛みのようなものを感じた。


“違う……恥ずかしくて……”

「……そっか」


 悲しそうな表情をして悠聖くんがわたしから目を逸らした。
 すごい罪悪感を覚え、彼の手を強く握り返すと再びこっちを向いてくれた。わたしを見る悠聖くんの目をじっと見つめて唇を動かす。


“もう離さない”

「約束する?」


 首を傾げて尋ねてくる悠聖くんに「うん」と力強くうなずいた。
 彼の表情が優しいものに変化する。それを見てわたしも自然に頬が緩んだ。穏やかな気持ちになれた。


 もうこの手を離さない。そう決めたの――
 


 家までずっと手を繋いで送ってもらった。


→ NEXT
→ BACK
    web拍手 by FC2
*    *    *

Information

Date:2013/09/12
Trackback:0
Comment:0
Thema:オリジナル小説
Janre:小説・文学

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://ageha572.blog.fc2.com/tb.php/223-ddc76b76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)