空色なキモチ

□ VOICE □

VOICE 52

第52話 本当の兄は?

柊視点




 家に帰ったら、未来の母親から手紙が届いていた。
 宛名は俺になっていて、やけに厚みのある少し大きめのサイズの封筒だった。中からはさらに白い手紙サイズの封筒が出てきた。そこにも『佐藤 柊様』と達筆な文字が書かれている。


  『前略

   初夏を思わせる陽気になりました。
   本当にお世話になっております。未来は元気ですか? ご迷惑をお掛けしていないでしょうか?
   わがままを言うような子ではないのですが、ただただ心配です。
   佐藤さんが未来を預かりたいと仰った時、ひとつの疑問が浮かびました。

   なぜ、こんなに未来によくしてくださるのか。

   あの日詳しい理由を聞くことができませんでしたが、気になっていました。
   そして、ひとつの可能性にたどり着いたのです。一度そうだと思ったらそうとしか思えなくなりました。

   もしかしてあなたは、未来の本当の父親の息子さんではないか、と。

   未来の本当の父親は私と結婚する前に家庭を持っていました。
   前妻との間にあなたくらいの息子さんがいたのです。
   未来も小さい頃、何度か会って遊んでもらったことがあります。

   私の実家の方に未来の本当の父親の写真が数枚残っていました。
   その中に息子さんが写っているものがありましたので、同封いたします。
  
   その男の子があなたであるのなら、私と未来は感謝してもしきれません。
   失礼かとは思いましたが、お金を同封させていただきます。

   未来は特待生ですので学費はかかりませんが、生活費等様々なお金がかかると思います。
   直接お渡しするのが礼儀でしょうが、申し訳ございません。お納めください。
 
   実家から戻りましたら、今の主人とは別れようと思っています。

   季節の変わりめ、お身体には十分お気をつけください。

                                            敬具』



 季節の挨拶まできちんと紡がれたその手紙を読んで、手が震えていた。
 この手紙は俺に衝撃しか与えなかった。

 未来は聖稜の特待生だった。

 あの学校は義父が多大な寄付をしており、理事長と従兄弟関係で校長とも昵懇の仲だと聞いている。だから義父は教員志望の俺をあの学校の教師に推薦した。
 初めはそうなってもいいかと思っていて、聖稜高校のことを色々聞いていた。だけど就職先ぐらい自分で決めたいと思い、その気持ちを義父に伝えて了承してもらえた。だからあの学校のことはわかっている。

 毎年、首席合格の生徒一名が特待生制度を受けられる。
 今年は悠聖が首席合格だったが、義父がその制度を辞退させたと聞いていた。だから特待生の資格が二番合格の生徒に譲られているはず。それが未来だったということだ。

 悠聖ができるのはわかっていたが、未来も本当に優秀な子なんだと感心した。
 あんな苛酷な環境でも、自分がやるべきことはきちんとやってきていたのだろう。強い子だと思った。


 そして、未来の父親のこと――

 未来の母親も、俺が彼女の本当の父親の息子だと思っている。これを撤回しないといけない。その思いが俺を焦らせていた。

 ――写真。

 封筒を逆さまにして、中身を全部出す。
 重みのある封筒が先に出てきて、一枚の写真がピラッと落ちた。


 見たことのない若い男性の右と左に、男の子と女の子が一緒に写っている。
 男の子は小学校の低学年くらいに見える活発そうな子。女の子は小さい。まだ幼児であろう。人形みたいにかわいい。この女の子が未来だろう。

 この活発そうな男の子が、未来の本当の父親の息子。そして真ん中が未来の実父。
 俺と思われている少年。見ても俺には全く似ても似つかない。何気なく写真を裏返してみる。


「……あ」


 そこには衝撃の事実が残されていた。



  【しゅう十歳 みらい三歳】



 そう、写真の裏に小さく書き記してあった。
 しゅう、と書かれたこの少年は偶然にも俺と同じ名前だったのか。だから未来のお母さんもそう信じたのか?


 もう一度写真をじっくり見る。
 この男の子、しゅう……十歳。


「ま……さか」


 動悸じゃないかと思うほど速く脈打っている。脈動を煩く感じるくらいに俺は動揺していた。
 同じ『しゅう』でもいろいろな名前があるじゃないか。

 例えば、しゅうや。

 この前の飲みの時、修哉が言っていた言葉を思い出す。


 ――オレにもいるんだよ。実は、異母兄妹がさ――


 父親が死んでからは音信不通だと話していた。

 この少年の顔、気の強そうな少しつった目に小ぶりの鼻、薄い唇に細めの体幹。
 修哉の面影があるじゃないか。そう思ったらこの少年が修哉にしか見えなくなっていた。


「未来の兄は……修哉?」


 気がついたら時間は十八時五十分を過ぎていた。
 十九時に図書館前で待ち合わせなのに、これじゃ絶対に遅刻だ。

 修哉にも確認しないといけない。

 
→ NEXT
→ BACK
    web拍手 by FC2
*    *    *

Information

Date:2013/08/18
Trackback:0
Comment:0
Thema:オリジナル小説
Janre:小説・文学

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://ageha572.blog.fc2.com/tb.php/172-793fe28d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)