空色なキモチ

□ VOICE □

VOICE

 弓月未来ゆづきみらいは小さい頃の事件がきっかけで声を失った女子高生。
 勉強ができ、特待生として私立聖稜高校の進学を果たす。

 そこで知り合ったクラスメイトの佐藤悠聖さとうゆうせい
 彼は聖稜高校の首席合格者として、入学式の時に『新入生代表挨拶』をする。
 しかしそれには裏の事情があった――

 そしてバイト先で知り合った他校の教師、しゅう

 この三人の交わった過去、そして親を巻き込む不思議な関係。
 ねじれ曲がった過去が少しずつ彼らを苦しめてゆく。


 【全199話 完結済】


 注:予告なく残酷なシーンが入る場合があります。
   一話ずつが短いですが、長い時もまれにあります。

 以前ムーンライトノベルズで公開していた作品の再掲載となります。
 修正、推敲しつつ投稿しておりますが、内容の変更が多少あります。
  ・「変更なし」と最初は銘打っておりましたが、微妙に変更している部分があります。
   ご了承いただきたくお願い申し上げます。
  

 上記三名の視点で話が進んで行きます。視点変更は一話ごとに行われます。
 (サブタイトルの横に視点人物の名前がつけてあります)


 キーワードを参照の上、お進みくださいますようお願い申し上げます。
 残酷なシーンがありますので、苦手な方は閲覧をご遠慮ください。

 ☆表記しきれなかったキーワード☆
  残酷な描写あり 美形 失われた声 三角関係 無理やり表現あり 和姦 図書館



 
 9月4日
 →NEXTの少し下から登場人物紹介をつけたしました(ネタバレあり
 第80話以降まで進んでから目を通されるのが一番いいかと思われます。
 (一応○話以降のネタバレあり表記もつけてあります)



→ NEXT(VOICE 1へ)





以下ネタバレあります。ご注意ください




【登場人物紹介】



上三人の視点で進んでいきますが、佐藤悠聖以下は第25話以降参照ください




 弓月未来ゆづきみらい (視点人物1)


 一人称:わたし。
 三歳の時火事に遭い、本当の父親(透)を亡くしたきっかけで声を失う。
 耳は聞こえる。手話もできるが大体は携帯電話の画面で意思を伝える。

 私立聖稜学園高等学校 一年D組在学中 十五歳。
 第二十三期特待生(毎年首席合格者のみ受けられる制度)
 二番合格と伝えられ特待生制度を受け損なうも、首席合格者が制度を辞退。
 繰り上がりで制度を受けられることになる。

 事実は闇に葬られているが、実は首席合格を果たしている。
 その事実を本人は知らない(あくまでも譲ってもらったと捉えている)

 学校では図書委員を務め、学校推薦の県立Y図書館でアルバイトをしている。

 現在は母と義理の父と三人暮らし(未来が五歳の時から)

 本当の父親(未来が三歳の時他界)は前妻がいて、その間に男の子がひとりいた。
 その男の子との記憶を大事にしており、自分の兄と思い込んでいる。





 佐藤悠聖さとうゆうせい (視点人物2)


 一人称:僕。
 私立聖稜学園高等学校 一年D組在学中 十五歳。
 未来のクラスメイト。秀才でイケメン。黒縁眼鏡がトレードマーク。
 第二十三期首席合格者だと崇められているが、実は二番合格。
 未来に特待生制度を譲ったと思われて感謝されている。

 言葉の話せない未来の代わりに入学式で新入生代表挨拶を務める。
 二番合格だったことを父によく思われていない様子で、父親の期待にプレッシャーを感じている。
 父親の名前から一字取って名づけられた(父は悠介)
 未来と交際中。






第25話まで進まれた方は続きをどうぞ(↓念のため空欄を多く空けています)













第4話からの登場人物





 佐藤 柊さとうしゅう (視点人物3)


 一人称:俺。
 神奈川県立横溝高等学校 一年A組副担任 二十二歳。
 大学卒業したての新任教師。担当は数学。
 
 県立Y図書館で未来と出逢う。
 マンションでひとり暮らし。家族構成は義理の父、母、弟。

 柊が三歳の時、両親が離婚。
 五歳まで実の父親の元で育てられるが、その後母親に親権が移る。







上三人以外の主要人物(ここから視点登場なし)




 藤原修哉ふじわらしゅうや


 柊と同じ大学出身の元サークル仲間。二十二歳。
 柊とは高校時代からの大親友で兄弟のように仲がいい。
 瑞穂に片思い中。
 柊より少し身長が低く、細身の体型らしい。
 両親が離婚しており、母親の方に引き取られた。
 柊のことで瑞穂に泣きつかれ困っている。
 お調子者だけど義理人情に厚い。





 鈴木瑞穂すずきみずほ


 柊と同じ大学出身の元サークル仲間。二十二歳。
 現在県立Y図書館で司書をしている。未来のバイト先の職員。
 柊に好意を抱いている。
 ショートボブヘアのよく似合う活発で行動的女子。
 未来と柊の仲を疑い、ナーバスになって修哉に泣きついている。





 橋本 裕はしもとゆたか


 私立聖稜学園高等学校 三年特進クラス在学中 十七歳。
 図書委員長を務める。秀才で女の子に人気があるらしい。
 未来に気があるとかないとか?
 暴走気味なところがあり、少し未来のストーカーになりつつある。
 自分が落とせない女はいないと思い込んでいる節あり。とんだピエロ君。






以下第14話のネタバレあり




 金子麻美かねこあさみ


 神奈川県立横溝高等学校 一年A組在学中。クラス委員。
 柊の生徒で新任教師をからかうのが趣味? 何かと柊に絡んでくる。
 ポニーテールに勝気な目が特徴的。
 未来の小学校時代の同級生で、柊にいろいろ未来の過去を教える。
 自宅は未来のアパートの近所。






以下第45話のネタバレあり(未来の家族)




 小林健二こばやしけんじ


 未来の義理の父(実は養父)四十八歳。
 風景画の画家だったが、四年くらい前に自分の絵に盗作疑惑がかけられる。
 それから風景画が描けなくなり、人物画へ転向。
 未来をヌードモデルにしながら、性虐待を繰り返す。
 酒好きで昼でも夜でも家に入り浸る。
 元々は実直で気の弱いタイプ。結構勘が鋭い。





 弓月万里ゆづきまり


 未来の実母。三十九歳。
 未来によく似ているらしい。気が弱くて決断力がない。
 健二とは内縁関係(未入籍)







↓第73話以降主要人物(その前に見るとネタバレになります)




 佐藤奈美さとうなみ


 悠聖の母親。四十五歳。
 見た目よりかなり若くて美人らしい。
 未来の存在を疎ましく思っている。





 佐藤悠介さとうゆうすけ


 悠聖の父親。五十歳。
 弁護士で、政界にも知り合いが多い。悠聖の通う高校の理事長とは従兄弟同士で校長とも昵懇の仲。
 悠聖に多大な期待を抱いている。妻・奈美にベタ惚れでデートの時には手を繋ぐ。






↓第79話以降主要人物(その前に見るとネタバレになります)




 高崎亜矢たかさきあや


 湊総合病院九階外科病棟看護師 二十二歳。
 柊が入院した時の担当ナース。
 面倒見がよく天真爛漫な性格。







ここから下は存在のみで充分な人物です




 志田健吾しだけんご


 私立聖稜学園高等学校 一年D組在学中 十五歳。
 悠聖の親友。
 未来を美人で話せないなんて超神秘的と言う寝ぼけた男。





 小林 透こばやしとおる


 未来の実父。享年三十歳。
 犬のように人懐っこい優しい顔らしい。
 未来の母、万里とは再婚で前妻との間に男の子がいる。
 その男の子を未来は本当の兄だと思っている。





 吉住 玲よしずみれい


 私立聖稜学園高等学校 一年D組在学中 十五歳。
 悠聖と健吾と同じS中学出身。
 入学式当日未来に話しかけて引いてしまった子。


    web拍手 by FC2
*    *    *

Information

Date:2013/07/24
Trackback:0
Comment:0
UserTag: *  長編  恋愛  R18  高校生  高校教師  義父  近親相姦  性的虐待 
Thema:オリジナル小説
Janre:小説・文学

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://ageha572.blog.fc2.com/tb.php/118-417d494b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)