空色なキモチ

2013年11月の更新履歴 [前月]  [次月]

2013/11/02
VOICE] VOICE 150
2013/11/02
VOICE] VOICE 149
BACK|全1頁|NEXT

VOICE] VOICE 150

 概要: 第150話 彼氏としての弟の決意柊視点 俺達男三人はリビングのソファに座って静かにコーヒーを飲んだ。 俺と悠聖が長ソファで隣同士。悠聖の右斜め前のひとり用ソファに修哉が座っている。「僕、わかってるよ。未来が兄貴に惚れてるの」 長い沈黙を破ったのは悠聖だった。 俺と修哉は自然に目を見合わせる。やっぱり悠聖の勘は鋭かったと思うしかない。そして俺より修哉の方がよっぽど悠聖のことを理解している。その事実が兄...

VOICE] VOICE 149

 概要: 第149話 兄vs彼氏柊視点 悠聖は車の中で眠り続けていた。 マンションについてもぼんやりしている様子。 慣れていない酒を飲んで車中で眠ったから余計なのかもしれない。足取りも少しふらついている。 家に入ってすぐにリビングに行くと、想像だにしない光景が目の前に広がっていた。「おかえり」 和室に敷かれた三つの布団の右端で横になっている未来の姿。 その傍に寄り添うように修哉が未来の右側に座って優しく頭を撫で...
BACK|全1頁|NEXT