空色なキモチ

2013年10月の更新履歴 [前月]  [次月]

2013/10/01
VOICE] VOICE 140
2013/10/01
VOICE] VOICE 139
BACK|全1頁|NEXT

VOICE] VOICE 140

 概要: 第140話 タチの悪い人未来視点 これ以上下がれないってくらい非常階段の扉に背中を押し付けられて痛みを感じる。 逃げ場を失ったわたしは身動きもできず、カタカタ震えるだけで喉の奥で小さく声をあげることしかできない。それは言葉にもなっていなかった。 「バージンなら上乗せするよ」 ぎいっと音を立てて非常階段の扉が開けられた。驚いて「あっ」と小さく声が出てしまう。 その扉の動きに合わせてわたしの身体は階段の...

VOICE] VOICE 139

 概要: 第139話 危険なエンコー未来視点 A駅前のビルの六階にあるカラオケに行った。 代金は言われたとおりみんな払ってくれた。時間は二十時ちょっと前でなおかつ金曜日だからか客入りがいいようで混んでいて小さい個室しかあいていなかったと言う。長いソファとほぼ同じ長さのテーブルが平行に並んでいてる部屋だ。 一番奥のカラオケの機械と舞台があるところにスポーツマンタイプの竹田さん。その左隣にわたしで、その左隣に麻美、...
BACK|全1頁|NEXT