空色なキモチ

2013年08月の更新履歴 [前月]  [次月]

2013/08/08
満月の夜に見る夢は] 満月の夜に見る夢は 第7章 第91夜 恩愛
2013/08/08
VOICE] VOICE 32
2013/08/08
VOICE] VOICE 31
BACK|全1頁|NEXT

満月の夜に見る夢は] 満月の夜に見る夢は 第7章 第91夜 恩愛

 概要:  叔母夫婦に会いに行った翌日の月曜から、翔吾さんは毎日マンションには帰宅せず実家の方へ帰って行った。 一週間わたしをひとりぼっちにするのは忍びないから咲子を呼ぶように言われ、その都度「大丈夫」と伝えたけども、結局彼が声をかけたようだ。 その週の水曜から金曜まで咲子が翔吾さんの家に泊まりに来てくれることになっていた。「どれだけ雨宮さんって心配性なのよ」 着いた時、咲子に含み笑いをされた。恥ずかしくて...

VOICE] VOICE 32

 概要: 第32話 頑張る彼氏未来視点 翌朝、八時十分。 S駅の改札口に向かうと、佐藤くんの後姿が見えた。券売機の向かいにある丸い柱に寄りかかって本を読んでいて、後ろから近寄るわたしに全く気づいていない。  『何の本を読んでいるの?』 短文でメール送信すると、佐藤くんがブレザーから携帯電話を取り出した。 佐藤くんが寄りかかっている柱の真後ろに近づくと、わたしの携帯電話が震えた。  『内緒』 ええっ? なにそれ...

VOICE] VOICE 31

 概要: 第31話 反省と決意柊視点 未来の寝顔をしばらくじっと見つめていた。 たくさん泣いたから、明日目が腫れていないといいけど。濡らしたタオルをあててやったほうがいいだろうか。 とうとう本当のことを言ってしまった。 自分が兄であることを。もう引き返せない。 早く本当のことを伝える決断ができなかったから、未来に辛い選択をさせることになってしまってた。本当に謝りようがない。 まさか俺に身を委ねようとするなんて...
BACK|全1頁|NEXT