空色なキモチ

2013年07月の更新履歴 [前月]  [次月]

2013/07/28
VOICE] VOICE 10
2013/07/28
VOICE] VOICE 9
BACK|全1頁|NEXT

VOICE] VOICE 10

 概要: 第10話 普通の女子高生って?柊視点 彼女が去った後、瑞穂が横目で睨むように俺を見つめていた。「未来ちゃんに興味があるの?」 その言葉の意味がよくわからず軽く首をかしげ、瑞穂の様子を伺った。怒ったように頬を膨らませ、更に鋭い視線が向けられている。 どうにもこうにも居心地が悪く、書架の本を適当に取ってパラパラめくる。何の興味もない本だから全く文字が頭に入ってこない。「最近よくここ来るから」「学生時代か...

VOICE] VOICE 9

 概要: 第9話 優しそうな男の人未来視点 掃除を終え、図書室に向かった。 図書室の仕事が終わったら図書館のアルバイト。今日も片付けばっかりだな。 それでも家にいるよりはずっといい。昼間でも夜でも義父は何もせず家にいるんだから。 返却本をまとめていると、韓国原作の恋愛小説があった。 わたしがもっとも読まない分野、恋愛。だってわたしに恋愛なんか無理だもの。  こんな意思疎通が大変な女と恋愛したいなんて誰も思う...
BACK|全1頁|NEXT